台風の海


台風の海の写真


3年前には、広い範囲に爪痕を残した台風に襲われ、山小屋が傾くなどして、とても怖い思いをした。今度の台風は、どうやら直撃は避けられないようなので、また山小屋の中でハラハラドキドキするよりは、海でも見に行った方が気持ちが良いだろうと、いつも釣りをする小石の鼻という磯を見に行く。本当の理由は、この春にデジカムと一緒に買った水深3メートルまで使える防水パックを試してみたかったのだ。目的の磯の近くの国道から、海岸線を走る旧国道に入り、目的の磯が見えるところまでクルマを進めるが、この台風に直撃されている時に、海岸ぎりぎりを走る道を通 る物好きはいないようで、1台もクルマとはすれ違わなかった。それもそうである、時折波渋きが道を洗うのだから僕も怖かった。目的の磯が見えるところにクルマを止めてしばし海を眺めるが、荒れ狂う海の迫力と、突風によりクルマが大きく揺さぶられるのとで、少しビビってしまう。でも根性を出して?カッパに着替え、カメラを手に外に出て海を撮影する。 久しぶりにドキドキして身が竦むような思いを味わった。ここは磯というよりは岬と呼んでもよい程の大きな磯なので、それがこんなに波を被るのだから、もの凄い波高である。なんとか撮影できたが、今度はクルマの中に戻るのが難しい。海の風は強くて、タイミングよくクルマの中に入らないと、ドアが風でもぎられてしまう。 なんとかクルマの中に潜り込んで、着ていたカッパを脱ぎ、再び海に見入っていたら、パトロールのおまわりさんが来て、何をしているのかと尋ねられ、海を見ていますと言うと、台風はこれからだから、バカなことをしていないで帰りなさいと怒られてしまった。避難する積もりで、山小屋を離れて海を見に行き、非難されて山小屋に帰ってきてしまった僕は、やはり間抜けなカッパでしょうか?。それも肝心の台風はどうやらまだこれからのようです。風は思ったより吹かないけど、雨はかなり降っています。






6830026