自然の中へ、そして心の中へ!


湯の峯温泉

湯の峰温泉  

湯の峰温泉


深夜12時、海岸近くの鬱蒼とした山の中でヤナギムシさんたちと待ち合わせてお気に入りの磯へ案内する。僕は誰か餌取りでも釣れば、それを貰ってアオリイカでも釣ろうと思っていたが、まったく誰も何も釣れない。僕と同行のトモダチは早めに切り上げて、川湯温泉へ行く予定であったが、ヤナギムシさんとの話しや、帰りたがらない釣りバカの トモダチがねばった為に午前4時近くまで磯で過ごした。結局、それまでにヤナギムシさんとお連れのカメさんが30から40cmほどのオジサンを一匹づつ釣り上げただけであった。 おじさんたちが仲良くオジサンを釣り上げたことで坊主を免れてほっとした。 結局、僕は一度も竿を使うことなく、トモダチの釣りバカは何も釣ることなく、僕たちはヤナギムシさんたちを残して先に帰った。ヤナギムシさんと話してみて、あらためてサンカを通 して親しくなった人たちとの共通点の多さと、シンクロニシティの度合いの強さを認識することができた。不思議である。昼過から釣りバカのトモダチが訪ねてきたときの恒例となっている温泉へ行くことにする。少し僕もトモダチも体調が芳しくないので湯の峰温泉へ入りに行くことにした。この温泉は小栗判官蘇生の湯とされていて、鄙びた風情のある秘湯の湯である。湯は熱めで、入浴した後も長い間ぽかぽかとしている。ここの温泉で重病が治った話をよく耳にするが、確かにそんな気がする温泉である。これを書いている今でもぽかぽかしている。ホケーとして、まるで酔ったみたいにとても気持が良いのです。





Click Here!

7198486